shuntaro yoshino

(吉野-俊太郎)

“操演”と“主体性”をテーマに作品発表をしています。

専門は彫刻、彫刻史。

連絡=shntryshngmail.com


1993年 新潟県生まれ

2017年 東京芸術大学美術学部彫刻科 学士(美術)

Royal Academy Schools / 英国へ交換留学(2017.4-2017.7)

2019年 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修士(美術)

小平市にて共同スペース「WALLA」をオープン

2021年 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程 在学中

個展

2021年 「Plinthess」Gallery 美の舎、東京

グループ展

2014年 二人展(:大岩雄典)「ゲームのルールは知るべきだ」代々木アートギャラリー、東京

2015年 学内研究展示「天井の位置」東京芸術大学、東京

学内研究展示「MAQUETTE REVIVALS!」東京芸術大学、東京

2016年 二人展(:大岩雄典)「囚人は通夜にいきたい」アートスペースココノカ、東京

学内個展「トゥルーマン・フリーク・ショー・ショー」東京芸術大学、東京

木彫研究室展示「木のシンギュラリティ」旧平櫛田中邸、東京

2017年 学内個展「ぽっぽないない」東京芸術大学、東京

二人展(:大岩雄典)「理想の収納」東京芸術大学、東京

木彫研究室展示「木のシンギュラリティ#2 」旧平櫛田中邸、東京

2018年 「KUMA EXHIBITION」スパイラルガーデン、東京

「みんな奴隷に厳しい」ギャラリー美の舎、東京

「でんちゅうストラット」小平市平櫛田中彫刻美術館、東京

木彫研究室展示「アトリエの末裔あるいは未来」旧平櫛田中邸、東京

2019年 修了制作展示「死んだらラインおくるね」東京芸術大学、東京

「@Human」ギャラリー美の舎、東京

「Mixed Material Arts vol.1 首像」麻布十番ギャラリー、東京

「別人」芸宿、石川

「東風」武蔵野美術大学 及び 東京造形大学、東京

「無人演劇祭」仲町の家、東京

「彫刻と家」旧平櫛田中邸、東京

二人展(:亀元円)「Fire Work」ROJIBI、東京

2020年 「WALLAby」銀座蔦屋書店内 GINZA ATRIUM、東京

「本のキリヌキ」瑞雲庵、京都

2021年 「DOLLMAGE」TIERS GALLERY by Arakawagrip、東京

企画・演出

2020年 企画:「嘔吐学 vol.1 ユー体、後ケイ」WALLA、東京

2021年 企画:「嘔吐学 vol.2 greenery efficacy」WALLA、東京

演出:公演「デスクトップ・シアター」ロームシアター京都 ノースホール、京都

トークイベント

2020年 登壇:トークイベント「雪火頌:第二回『手品のフィクション』」/ コ本や(東京)

(奇術研究者の森下洋平氏とトークセッション、2020 年10 月17 日開催)

賞歴

2016年 第37期国際瀧冨士美術賞 特別賞

2017年 サロン・ド・プランタン賞(彫刻科首席に相当)

平成藝術賞

助成

2016年 久米桂一郎賞奨学金

公益財団法人戸部眞紀財団奨学金

2017年 公益財団法人クマ財団 第1期 クリエイター奨学金

その他

2020年 展評「みえないようにするしかけ」:「これぽーと 全国美術館常設展評」(https://www.coreport.online)寄稿

2021年 論考「君はともだち?——芸術家と歩む“彼ら”についての断章」:『ユリイカ 2021 年1 月号 特集= ぬいぐるみの世界』寄稿

展評「常設、それはもう一つの男性彫刻」:「これぽーと 全国美術館常設展評」(https://www.coreport.online)寄稿

作品評「変貌と繭」:柿坪満実子展「nobody」(2021/6/1-6/12、galerieH、東京)に寄稿

hand